【LoL】cheese(チーズ)の正しいやり方、カミール(khan)vsガンクプランク

【LoL】cheese(チーズ)の正しいやり方、カミール(khan)vsガンクプランク

こんにちは!柵です!

今回は、チーズに関する動画をみつけたのでそれを要約して皆さんにお届けしたいと思います。今回参考にした動画はこちら。

 

マッチアップの解説

今回は、カミール(khan)vsガンクプランクとなっています。この場合、ガンクプランクの長所であるQハラスをカミールのWでカウンターできるので、カミールのほうが有利だと言えます。

 

カミールが気をつけること

 

チーズして体力の有利を築いておく

ガンクプランクのQにカミールのWを合わせる

ウェーブを真ん中らへんにとどめる

 

チーズとは?

チーズの意味は、初見殺し、奇策などを意味するそうです。AP MID ソラカとかもいうのかな。前にはやったサイオンが最序盤に相手のバフを奪いつつ一回デスリコールしてからテレポートで戻ってくるメタがありましたよね?あれもチーズです。

 

チーズはリーシュする必要のない時に行えるから頭にいれておこう!

khanはSoloQでよくチーズしています。※特にフィオラやカミール等といったLv1強いチャンピオンでしていることが多い。チーズを行うのは最序盤で体力リードを作るためなので、トレードして確実に勝てるチャンピオンでチーズしましょう!

 

なぜカミールはLv1ファイトが強いのか

カミールのパッシブスキルのアダプティブシールドが非常に有用だからです。

Passive: 一定時間毎の敵チャンピオンへのAA時に、最大HPの20%分の耐久値の対象の主なDMの種類(物理/魔法)に応じたDMを軽減するシールド(2s)を獲得する。CDはLv1/7/13で減少する。

CD: 16/13/10s(パッチ9.6情報)

引用元:LoL JP wiki

Lv1時点でのカミールのHPは576です。ここから20%のシールドなので115のシールドが秒間着きます。もしADシールドなら約AA二回分、APシールドならスキルダメージのほぼをカットできます。強力ですよね。Lv1でスキル二個って考えてもいいくらい

 

カミールのチーズ

カミールは上で説明した通りガンクプランク相手には有利に立ち回れるのでチーズしていきます。(こんな感じでブッシュで待ちます↓)

ガンクプランクはリバー(川)を通ってレーンに行こうとします。そこにすかさずカミールはWを入れてAAを入れてシールドを展開します。ガンクプランクもQでダメージトレードしようとしますが、シールドにすべて防がれ、カミールは実質ノーダメージでトレードできました。

 

チーズのポイントは相手の行動を予測して読んでいくこと!

ここでチーズされたガンクプランクはどうするか考えてみましょう。こういう場合、一度下がって回り込んで安全にレーンに来ようとするのがほとんどです。それを予測していたkhanはあらかじめこのように位置取りをしてまたダメージトレードをできるように立ち回ります。

予想通りきたガンクプランクにダメージトレードを仕掛けていきます。ガンクプランクのQに対しカミールのW!!!ガンクプランクはHP5割、カミールはフルヘルスでのスタートなり序盤にHP有利を築くことに成功しています。

 

ガンクプランクはどうするべきだったのか?

それでは上のような不利を負わないようにするにはどうすればよかったのでしょうか?

ガンクプランクはチーズされないように初めから安全にレーンに顔を出せるようにしておくことがよかったでしょう。また、ガンクプランク側はカミールに対してQでハラスし続けるのではなく、上位レートの人はファームに集中するべきだとアドバイスしています。なるべくカミールから距離を取り、ファームが安パイでした。

 

ガンクを食らっても冷静に

カミールは序盤に相手JGのジャーバンのガンクを食らってしまいます。食らった時カミールのレベルは1であいつもうオワタやんけ…そんな状況でしたが、khanの素晴らしい経験値管理によってガンクを受けている最中にレベル2になりカミールのEを取り、ガンクをいなそうとします。

しかし、相手も韓国チャレ、ジャーバンが温存していたEQコンボで追撃を仕掛けます。最終的にフラッシュを吐いてしまいましたが、ジャーバンのEをよけてデスを避けられました。(ジャーバンのE避けるって….)

その後、味方JGのセジュアニがうまくカバーしてセジュアニがジャーバンを仕留めます。キルしたあとはレーンをフリーズ、リコールベイトして味方JGのガンクをもらいカミールがガンクプランクをキルできました。

 

レーンの有利を広げるには、フリーズする

典型的なトップの有利の広げ方、しゃぶり方はレーンをフリーズすることです!ではフリーズすると何がいいのか?敵はカミールがいつ仕掛けてくるかわからないというプレッシャーをうけてミニオンゴールドや経験値を落とします。しゃぶしゃぶしたいならレーンをフリーーーーーズ!!!!!!!!!!

 

1デスしたあと敵の目の前にテレポート…それ危険です

ガンクプランクとしては、このタイミングでテレポートするのは本当によくないです。たとえミニオン経験値がほしくても、ティルトしていても絶対にしてはいけません。理由は…

こうなってしまうからです。テレポートをゆっくり待ってカミールは落ち着いてダメージトレードをすることができます。この後、ガンクプランクはQをあててうまくダメージトレードはイーブンの状態に持っていくことに成功しています。しかし、ダメージトレードをすればするほどキルポテンシャルの高いカミールが有利になっていきます。

 

プレッシャーしてCSをとらせるな、相手に最高のストレスを与えてあげよう

相手がCSを食べるときに圧をかける。相手にオールインされるかも、いやされない…?この2択を迫れれば相手に相当の圧をかけることができます。特にキャノンミニオンの時は相手が前に出てきます。意識しましょう。

フリーズしてプレッシャーする際に、自分がどんなハラス手段を持っているかを知っておく。相手のも同様に..

ガンクプランクはハラスする際に前にでてきてQの範囲ギリギリで相手にハラスします。他のポークチャンプの場合(ケネンやナー)はウェーブの外側に立ってハラスしてきます。レンガーはブッシュの中とか。今回は、ガンクプランクなので、自分がCSを食べるときにハラスしてくることはほぼ確定です。

これを頭に入れて自分はそのハラスに対してどうやってカウンターできるかを考えておき、心がけておきましょう。案の定、ガンクプランクはカミールがキャノンを食べるタイミングでハラスをしてきます。これに対してカミールはEで素早くスタンさせてダメージトレードしてガンクプランクのHPを2割まで減らすことに成功しました。この後、カミール側は有利を取り続けて試合は15分で終了しました。

 

まとめ

カミールのここまでの有利はどこから生まれたのか?それはチーズ。圧倒的チーズのおかげです。もしあなたが最初の時間を無駄にしていまっていたのなら、これからの最初の90秒は味方とインベイドしたり、チーズしたりと有用に時間を使っていきましょう。

チーズ超重要。有利を取ったらレーンをフリーズ。

 

終わりに

以上で動画の要約は終わりになります。今回の動画は、和訳もついているのでぜひ見てみてください。今回は全部のせると長すぎるので動画のある程度をカットしています。

最近記事を投稿できていなくてすいません。APEXが楽しすぎる。本当に。また頑張って投稿しますね。それでは次の記事でお会いしましょう。誤字脱字報告ありましたらコメントお願いします。

 

もしこの記事が役に立ったと思ったらこちらをクリックしてくれると嬉しいです


League of Legendsランキング

TOPカテゴリの最新記事