【LoL】どうやってダメージトレードで勝つか?ver.2(中級者編)

【LoL】どうやってダメージトレードで勝つか?ver.2(中級者編)

こんにちは!Sakuです!

今回は、前に書いたレーン戦でダメージトレードを勝つ方法(初心者編)に続く内容になります。前回はスキル差を利用する・相手がCSを食べるときにハラス等々を紹介しました!前の記事はこちら!

【LoL】超簡単!レーン戦でダメージトレードを勝つ方法!(初心者向け)

前回の記事がそうでしたが、当たり前のことしか書いていません。しかし、その当たり前が重要なんです!っということで知ってるよそんなんという方には必要ないかもしれません…。

それでは早速いってみましょう!

 

 

ルーンとスキルを組み合わせる

 

へ……?そんな当たり前のこと…..?そう思った方少し待ってください。

今まで私が書いてきた韓国動画の要約記事には、ダメージトレードする際、必ず記事のどこかしらにルーンについて考えてトレードしている部分を書いていました。韓国チャレが説明するのだから、ルーンを考慮したトレードは必須スキルと言わざるを得ないでしょう。これができていないためにソロキルされるということも少なくありません。(私はよくこれでやらかします….)

 

では、今OPのTOPへカリムを例に考えてみましょう。TOPへカリムの強みは、Wのライフスティールとスキルコンボですぐ征服者がたまるところです。へカリムのQはクールダウンが最初から4秒という脅威の短さ。また、征服者のスタックを保てる時間はメレーだと8秒。

 

征服者のスタックがたまると追加ダメージを与えられるようになって、敵に与えるダメージの10%が確定ダメージになり、その確定ダメージ分回復するようになります。へカリムはレーンでのサステインがW、コラプトポーション、クッキーくらいしかないので本当に征服者の回復は重要です。

 

また、へカリムのQのほうが征服者のスタック保持時間より短いですよね。これを考えてレーン戦ではQでCSを取りつつ、相手にダメージを与える。そうして征服者のスタックもためながら、レベル4でオールイン。W+E+Qで3スタックが瞬間にたまって。それからAA(通常攻撃以下AAと略します)+Qすれば5スタックの完成!!!そしてキル!!きもちいいいいい!

 

こんな感じで普段からルーンについて意識してトレードしていくのが本当に重要です。

 

前回記事にした韓国チャレのタロンでもトレードの際、このルーンに関して触れている部分があります。ライズとタロンのマッチアップのところですね。

タロンのルーンは雷撃、サドンインパクト、ゴーストポロ、至極の賞金首狩り。サブは魔道の英気集中、追火を選択しています。

runes8_Domination_Key_Electrocute.png 電撃
(Electrocute)
3秒以内に敵チャンピオンを個別のスキルかAAで3回攻撃すると、追加アダプティブDMを与える。
追加DM: 30-180 (+0.25AP) + [増加AD × 40%] (Lvに比例)
CD: 25-20s
runes8_Domination_1_SuddenImpact.png サドンインパクト
(Sudden Impact)
ステルス状態を解除するか、ダッシュ、リープ、ブリンク、teleportテレポートを使用した後、3秒以内に敵チャンピオンにDMを与えると、5秒間脅威7と魔法防御貫通6を獲得する。
CD: 4s
runes8_Domination_2_GhostPoro.png ゴーストポロ
(Ghost Poro)
自身のワードが自然消滅すると「ゴーストポロ」が出現し、敵チャンピオンが近づき追い払われるまで60秒間その周辺の視界を確保する。
「ゴーストポロ」が出現するごとに+1.2ADまたは+2APのアダプディブボーナスを獲得する。
「ゴーストポロ」を10回出現させると、さらに+12ADまたは+20APのアダプティブボーナスを獲得する。(合計で18AD、30AP)
runes8_Domination_3_UltimateHunter.png 至極の賞金首狩り
(Ultimate Hunter)
アルティメットスキルのCDRを5%獲得し、さらに「賞金首狩り」のスタック毎に3%を獲得。
「賞金首狩り」のスタックはそれぞれ異なる敵チャンピオンから初めてキルまたはアシストを獲得する毎に1つ獲得。
runes8_Sorcery_2_AbsoluteFocus.png 英気集中
(Absolute Focus)
HPが70%以上ある場合、1.8-18AD、または3-30APのアダプティブボーナスを獲得する。(Lvに比例)
runes8_Sorcery_3_Scorch.png 追火
(Scorch)
次にスキルが命中した時に敵チャンピオンを1秒間燃やし、10-30の追加魔法DMを与える。(Lvに比例)
CD: 10s

 

タロンはアサシンなので火力を優先してルーンを選択していますね。至極の賞金首狩り以外すべてダメージが増加するルーンになっています。

対してライズは、詳しく書いていないので分かった範囲で書くとアフターショックとボーンアーマー(多分シールドバッシュも)ですかね。

runes8_Resolve_Key_Aftershock.png アフターショック
(Aftershock)
敵チャンピオンに移動不能効果を与えると2.5秒間、ARとMRが70-120増加(Lvに比例)し、その後爆発して周囲の敵ユニットに魔法DMを与える。
魔法DM: 10-120 + [自身の最大HP × 3%] (+0.1AP) + [増加AD × 15%] (Lvに比例)
CD: 35s
runes8_Resolve_1_BonePlating.png ボーンアーマー
(Bone Plating)
敵チャンピオンからDMを受けると、その後1.5秒以内の3回までの同チャンピオンからのAAまたはスキルから受けるDMが25-40軽減される。(Lvに比例)
CD: 45s
runes8_Resolve_2_MirrorShell.png シールドバッシュ
(Shield Bash)
シールドを獲得するとARとMRが1-10(Lvに比例)上昇し、次の敵チャンピオンへのAAに追加アダプティブDMを付与する。
この効果はシールドがなくなってから2秒後まで持続し、新たなシールドを獲得する都度付与される。
追加DM: 5-30 + [増加HP × 1.5%] + [シールド耐久値 × 8.5%](Lvに比例)引用元:ルーン – lol jp wiki

タロンがアサシンでダメージが出るのを分かっているために防御的なルーンを選択しています。

アフターショックが発動するとかなり硬くなるので、アフターショックがクールダウンの時に仕掛けないとスキルコンボでダメージを与えるタロンにとっては、かなりキツい状況になるでしょう。それがわかっていて仕掛けた後、アフターショックの発動をまってからインという場面が動画にあります。少し見てみてください。(9:00から)

 

 

この場面、もしタロンがアフターショック発動中につっこんでいたら、ほぼのダメージをカットされて、さらにアフターショックのダメージも食らってしまいダメージトレードは完全な負けに終わっていたでしょう。

 

ここまで説明してきましたが、要約するとルーンの効果を熟知して、それを生かしてトレードしようということです。

・ルーンのクールダウン、効果
・そのルーンを取る意味
これらを覚える!理解する!

また、ルーンを選択する時に、自分のチャンピオンには何のルーンがあっているのか、OPGG完コピして終わるのではなく、一度なぜこのルーンにするのかを考えて試合に臨んでみてください。そしたらなにかが見えてくるはずです。ほな、いただきます。

 

 

アイテムの効果も忘れずに

 

ルーンが非常に重要だという話をしてきましたが、アイテムについても同様です。例えば、コラプトポーション。飲めばHP、MPを回復して通常攻撃・スキルで追加ダメージをのせることができるようになります。何もない時にコラプトを飲むのではなく、戦う時に飲んだほうがいい!

またシーンやファージなど自動効果のあるアイテムも…..こういうアイテムは紹介するときりがないのでやめておきます。

 

 

一言でまとめると

 

ダメージトレードで一番重要なのは、最もダメージが出るタイミングでルーンを活用しつつスキルを使い、アイテムの効果も忘れずにトレードするということです(AAキャンセルやスキルリセット等も含めて)。

 

 

終わりに

思った以上にルーンの話が膨れてしまいましたが、以上で今日の内容は終わりになります。何か疑問や意見がありましたらコメントください。

もしこの記事を気に入っていただけたらTwitterのフォローもお願いします。それでは次の記事でお会いしましょう。ほな

 

LOLカテゴリの最新記事