【LoL】不利な時のレーン戦の対処法、スプリットの仕方

【LoL】不利な時のレーン戦の対処法、スプリットの仕方

こんにちは!柵です!

今回はあの有名なkhan選手のリプレイ動画から細かな技術を分析し、解説してくれるチャンネルを見つけたので、その動画を要約して皆さんにお届けします!

 

今回参考にする動画は2つあります。まず、一つめはkhanの不利マッチアップの時のウェーブコントロールについての動画です。

2つ目はkhanのスプリットについての動画です。

今回はこれら二つの動画の内容を和訳し要約したものをみなさんにお伝えしていきます。

それではさっそくいってみましょう!

不利なマッチアップのレーン戦(TOP)

まず一本目の動画の要約です。この動画ではkhanフィオラ、対面はカミールという構図になっています。

フィオラ対カミールは、パッシブスキルでシールドを持つカミールのほうが有利です。そのため、レーンを引いてガンクを待つのが最適と動画で解説されています。

序盤の対応法

今回、カミールとフィオラの中でLv6が強いのはフィオラです。そのためLv6になるまではセーフプレイを心がけます。

ミッション1 レーンを引く、プッシュさせる
ミッション2 レーンをフリーズさせる
ミッション3 Lv6を待つ、JGのガンクを待つ

これらを順にクリアしていきレーンで勝っていくそうです。

・ミッション1 レーンを引く、プッシュさせる

この動画では、khan側のチームのJGはトップスタートなのでリーシュして手伝っています。今回の場合、レーンを押す必要はないため、JGのリーシュをしてあげてから、レーンに顔を出していますね。

無理やりLV1のCSを取りにいくとカミールからダメージを受けてしまうためメレーミニオンの何匹かは捨てています。この時点で相手がミニオンに何回か攻撃していて、khanはできていないためレーンはプッシュされている状態になります。

レーンを引くときは相手のミニオンのほうが多い状況にしておく!

レーンを引きつつ前衛ミニオンは倒して後衛ミニオンを1、2匹残していきましょう。理由としては、フリーズするときにミニオンが多いとコントロールするのが大変だからです。これらができたらミッション1はクリアです。

・ミッション2 レーンをフリーズさせる

ここで、タワー下に入らない範囲で、ミニオンをせき止めます。タワー下に入ってしまうとミニオンがロストしてフリーズが解ける可能性があるかもしれません。なので、タワー下に入らないように、相手のミニオンが後衛ミニオン1,2匹多い状況を持続させてレーニングしましょう。

ここでもし、レーンを押し切られてしまった場合は、タワー下のCSを丁寧にとって、またフリーズウェーブをつくっていきましょう!フリーズウェーブの元となる引くレーンの作り方としては、

1.相手のほうが多くミニオンに触る状況にするか、
2.自分が相手の範囲攻撃を食らうときに自分のミニオンも巻き込むか、
3.相手のタワー下まで押し込んでミニオンがプッシュしてくるのを待つか
これらの三択のいずれかだと思います。

1、2番目はやろうと思ってするのは難しい時もありますが、3であれば簡単にできると思います。しかし、ここで注意しなければいけないのがJGのガンクです。

プッシュしようと相手のミニオンが多い状況でガンクをくらってしまうとTPがない場合、大きな損失となってしまうので気を付けましょう。

さらに、レーンを押し切れた際に赤ワードを置ければ相手へのプレッシャーになります。(相手からしたら相手のJGの位置が分からないため)

・ミッション3 Lv6を待つ、ガンクを待つ

ここでは、レーンをコントロールしながらJGを呼ぶか、レベル6を先行して相手にけしかけましょう。

相手のJGが来ない場合はピングで呼んで、いまガンク刺さりやすい状況にあることを伝えましょう。それでもJG来なかったらGG…..。ガンクが刺さったり、1v1で勝った後は、レーンを押して有利を広げていきましょう。

不利マッチアップの対処法はこれで以上になります。動画をみていただければもっと詳しい解説が書いてありますので実際に見てもらったほうが早いかもしれません。

スプリットについて

皆さんは、レーン戦を勝ったあとどうしていますか?2本目の動画ではレーン戦に勝ってどのように動いていくかが解説されていました。早速見ていきましょう。

 

レーン勝ったらすべきこと

まず、レーン戦で勝てたらタワーを折っていきましょう。対面だけでは止められないため、相手はJGを呼んでくるかもしれませんが、そうきたらなるべく相手JGを引き付けましょう。その間、味方はJGを恐れずプレイできます。

 

タワーを折ったら…

タワーを折ったら次は他のレーンへロームしていきます。今回の動画ではミッドにロームしてカルマのキルを狙っていますね。

少し一本目の動画の4:00から見てほしいんですが、ここでブラッドミアがロームして、カルマをキルしにいきます。そして、相手のタワー下からはスレッシュがでてきて、カルマを保護していますね。一見このプレイは利益のないプレイに見えますが、実際はボットレーンを押してタワーを取れているので利益になっています。

ここが重要なんです。ロームすることで相手のスレッシュをボットレーンからはがすことができて、ボットは残っているコグマウに対してダイブしたり、タワーをおりにいったりすることができます。

 

バロンが湧いてBOTを押し始めたら

大抵の場合、バロンが湧いたあとはボットにTOPレーナーがいきますよね。その際、気を付けるべきことは集団戦です。

これについてはTPがあるときであればすぐ寄れますが、ない場合だと予測、発見ができなければ寄るのがかなり遅れます。絶対に、TPがあってもなくてもミニマップを超警戒してみてください!

 

スプリットの仕方

スプリットをするときは、上記の点に気を付けながら二つのステップをクリアしていくそうです!

ステップ1 クリアウェーブ
ステップ2 ロームして、視界取って、ブッシュに隠れて、ダンスする

ステップ1は普通にウェーブをクリアしていくだけです。ただここで注意することがあって、2本目のタワー近くまで押しにいかないことです。それよりも視界取ってロームしたほうがバロンを取れることが多いらしいです。

ステップ2は、言葉通り、ロームして視界取ってブッシュに隠れて相手を待ちながらCtrl + F1とかして待ちます。特に低ランクプレーヤーは、スプリットした後、うろうろすることが多いそうです。自分もうろうろプレイをしてました。無駄に自分の姿を相手に見せずブッシュの中でダンスして機会を待ちましょう

2本目の動画の7:00あたりからこの動きについて動画で解説されています。実際に見てみたほうが納得いくと思うのでぜひ見てみてください。動画の後半でkhanがブラッドミアのウルトを相手全員にかけています。そしてADCを倒して、相手を次々と倒してバロンとってGGして試合は終了しました。皆さんもステップ1ステップ2を意識してもらって最後に相手の隙をついて5Manウルトを決めれば誰でもGGできます。

簡単ですね!!

 

終わりに

以上で2本の動画の要約は終わります。本当にざっくりと要約したので細かい部分が知りたい方は動画を見てみてください。紹介した動画を上げているチャンネルは他にも役立つ動画をアップしているので気が向いたら要約したいと思います!

それでは皆さんまた次の記事でお会いしましょう。誤字脱字等あった際はぜひ報告お願いします。じゃあの……

 

TOPカテゴリの最新記事