【LoL】パッチ9.11にくるウーコン(Wukong)の変更について

【LoL】パッチ9.11にくるウーコン(Wukong)の変更について

こんにちは!Sakuです!

今日は、パッチ9.11にくるウーコンのプチリワークについて話そうと思います。

 

まず、ウーコンのプチリワーク?なにそれ?そんなチャンプ知らんぞって方のために、今のウーコンと現時点のPBEのスキルを載せておきます。PBEの情報は、LOL忍者さんから引用させていただきます。

 

今のウーコンのスキルセット

 

パッシブスキル:岩の皮膚(Stone Skin)

Passive: ASが8%増加し、範囲1400の視界内の敵チャンピオン毎にARとMRが増加する。増加ARと増加MRはLv1/7/13で増加する。

増加AR, MR(1体毎): 4/6/8

 

Q:強棒打(Crushing Blow)

Active: 次の5秒以内の最初のAARangeが125増加(合計300)し、建物を含む敵ユニットへのAAに追加物理DMを付与し、建物以外の敵ユニットには減少AR(3s)も付与する。このスキルは使用時にAAタイマーをリセットする。

追加物理DM: 10/40/70/100/130 + [AD × 0/10/20/30/40%]

減少AR: 10/15/20/25/30%

Cost: 40MN CD: 9/8/7/6/5s

 

W:代わり身の術(Decoy)

Active: 自身がいた場所に操作不可の分身を作り出し、インビジブル(1.5s)状態になる。インビジブル状態中はユニットを通過でき、分身はインビジブル解除時に周囲の敵ユニットに魔法DMを与えて消滅する。

魔法DM: 70/115/160/205/250 (+0.6AP)

Cost: 50/55/60/65/70MN CD: 18/16/14/12/10s Range: 325

 

E:乱像猿技(Nimbus Strike)

Active: 対象の敵ユニットまでリープし物理DMを与える。対象の周囲の敵ユニット2体にも幻影が飛び、同様のDMを与えてASが増加(4s)する。

物理DM: 65/100/135/170/205 + [増加AD × 80%]

増加AS: 30/35/40/45/50% 効果範囲: 187.5

Cost: 45/50/55/60/65MN CD: 8s Range: 650

 

R:旋風猿舞(Cyclone)

Active: 最大4秒間回転し、周囲の敵ユニットに毎秒物理DMとKnockup(1s)を与える。Knockupは同一対象にはスキル使用毎に一度しか発動せず、このスキル使用時からMSが0.5秒毎に5%(最大40%)増加する。回転中はAAと他スキルが使用不可になる。回転中の再使用時に回転を解除する。

毎秒物理DM: 20/110/200 + [AD × 110%]

最大物理DM: 80/440/800 + [AD × 440%]

Cost: 100MN CD: 120/105/90s Range: 315

引用元:ウーコン(Wukong) – LoLJPWiki – LoL 日本語 Wiki

 

リワーク後のスキルセット

 

P – Strength of Stone(名称変更)
[新] Crushing Blows
・ウーコンやウーコンの分身が敵チャンピオンにダメージを与えると、対象にCrushing Blowsが適用され、スタック毎にウーコンやウーコンの分身から受けるダメージが4%増加する。最大スタック数は5。
岩の皮膚(変更)
・3人以上の敵チャンピオンが1400ユニット以内で見えている場合、ウーコンのARとMRが[20+2xレベル+0.2増加AR/MR]上昇する。この効果は6秒間持続し、敵が近くにいると更新される。現在はガーゴイルストーンプレートの視覚効果が適用されている。

Q – 強棒打
・[新] 自動効果: (Q以外でも)スキルを使用後、AAの射程距離が125増加する
・[新] 20/30/40/50/60+0.25AD回復する(ミニオンだと半分)
・ダメージ: 10-130(+0.4AD)の追加物理ダメージ ⇒ 20/40/60/80/100の追加魔法ダメージ
・[削除] AR減少

W – 代わり身の術
・[新] 分身が近くの敵に攻撃し、本体の半分のダメージを与える
・[削除] 分身が爆発して魔法ダメージを与える
・分身の効果時間: 2.5/3/3.5/4/4.5秒
・W使用時とウーコンがSを押したときの挙動が一致するようになった
・W使用時のウーコンのダッシュ距離: 100 ⇒ 200
・CD: 18/16/14/12/10秒 ⇒ 16/14/12/10/8秒
・CDに入るタイミング: 分身作成時 ⇒ 分身死亡時

E – 乱像猿技
・使用時に現れる分身がターゲット可能になった(スキルショットを回避するのに使える)
・AD割合: 0.8 ⇒ 0.5
・対象の周りにいると判定される敵ユニットの範囲がかなり広くなった

R – 旋風猿舞
・ウルト使用中に他のスキルを使えるようになった(他のスキルを使用するとウルトは中断される)

引用元:【LoL】PBEパッチノート 9.11【5/16更新】 | LOL忍者

 

 

変更されたことについて

 

正直、ウーコンのリワーク自体に関しては、非常にうれしく思っています。ウーコンメインでさえ、このチャンプくそだよとかいう人も普通にいますからね。

この変更によってRIOTがウーコンをどのようにしたのかったのか謎ですが、全体的に見ればバフなんではないでしょうか。所々、ダメージが減らされていますが….。

 

例えばEのAD割合。0.8⇒0.5になっています。

????ウーコンの強みであったスキルのダメージが減らされています。QもADを基礎としたダメージからAPの追加ダメージになっています。Qの固有スキルであった、AR減少もなくなり、代わりに新しいパッシブとしてダメージを与えるごとに4%ダメージが増加して、最大スタックまでためると20%ダメージを増加するように。

 

スタックの持続時間が気になるところですが、征服者と相性がよさそうです。NAのウーコンメインのHarambe氏もリワークされたウーコンをPBEでプレイしていました。動画はこちら。

 

 

Harambe氏も動画では、このリワーク自体は気に入っている。ウーコンはアサシンではなく、ADファイターとしてプレイするのがよさそう、と話していました。

実際、この試合でルーンは征服者を取っていてスキルを活かし、素早くスタックをためれるのと、パッシブスキルのダメージ増加が非常に相性がいいようです。

ビルドは、トリニティフォース⇒ステラックの籠手とファイターのようなパス。Qが魔法ダメージに変わったため、前のようにスケールすることはなくなってしまいましたが、代わりにヒールをもらえるようになったのは、レーンでのサステインがなかったウーコンにとって助けになるでしょう。

タワーを折る速度も前よりも上がりました。理由は、Wのデコイが爆発してダメージを与えるのではなく、AAしてダメージを入れるようになったからです。ここも重要で、前のWは時間が切れたら適当にスピンして爆発してダメージを与えるというしょうもないスキルでしたが、今はAAを入れてくれるという、いかにもデコイっぽいことをしてくれます。

 

Qの固有スキルも変更され、Q以外のスキルを使ったときでも、AAのレンジが延びるようになりました。正直、レンジが延びるだけでダメージは普通のAAなので、あんまり変わりはないようです。ただレンジが伸びるということは、追いかけるときにダメージをいれやすくなるのでキルにつながりやすくなりますね!!

 

Wは、発動してからのインジビブルになれる時間は変わらず、スキルレベルが上がるごとにデコイの生存時間が伸びるようになりました。

 

Eは、前のスキルよりもしっかり幻影が見えるようになり、対象もとれるようになりました。これは、相手にとってみれば凶悪ですよね。ミニオンと敵チャンピオンがEの範囲にいるときに、わざとミニオンにEしてスキルを吐かせるということができるようになりましたから。うざったいチャンプになりそう…。

最後にRですが、ウルト中に他のスキルが使用できるように変更されました!!

え??これ何の意味があるの??って思う方もいるかもしれません。この変更実にありがたいと思っていて、ウーコンがウルトを使っている時は基本的に無防備なので相手からかなり狙われます。そのため、時計などのアイテムを持っていない場合は、当然退かなきゃいけなくなります。しかし、今までのウーコンはいちいちRを一回おして止めて、そこからスキルを使うという動作が必要でした。

これがなくなることでスムーズに集団戦から退散することができます。感謝感謝。

 

 

Saku的ウーコンのリワークの感想

 

アサシンではなく、ファイター向けのリワーク。サステインとかも追加されて、基本的に使い勝手はよくなったけど、ダメージが前とどのくらい違うのか気になるところ。

前以上にうざったいプレイができるので興奮しています!あぁ早く変更されないかな…。

 

征服者と相性がよくて、三角とか積んでもいいかも。今まで通りでもよき。継続した戦闘が得意になった。

 

 

最後に

 

以上で今日の内容は終わりになります。もし記事の内容を気に入っていただけたらTwitterのフォローもお願いします。

他に今回のリワークでこうなるんじゃないかとか意見があればぜひ書いてください。私、気になります。

 

それでは次回の記事でお会いしましょう。ばいなら!!

LOLカテゴリの最新記事