【LoL】なぜランクを上げるのにレーンプッシュがベストなのか?

【LoL】なぜランクを上げるのにレーンプッシュがベストなのか?

こんにちは! 柵です!
今回は、Skill Capped Challenger LoL Guide さんが挙げたこちらの動画を要約してみました。

まず、トップレーンでランクを上げるためには、攻撃的なプレイをして、たくさんレーンプレッシャーを与えていくことが重要だと述べています

 

攻撃的にプレイしていくとはどういうことか?

レーンをプッシュすることが攻撃的なプレイに繋がる。今回は、イレリアとカミールのマッチアップをカミール視点で見ていきます。カミールとイレリアが一対一で殴りあう場合、イレリアのPassiveスタックがたまっているとカミール側が不利で、たまっていない状態でのトレードはカミール側が有利です。

そのため、カミール側の考えとしては、レーンをプッシュする、勝てるトレードをする(パッシブの有無・ミニオン数の差・レベル差)、ガンクで死なない、この三つを基準とした戦い方をしていきます。それでは各項目ごとにみていきましょう。

 

レーンをプッシュする。

プッシュすることによって、イレリアがスタックをトレードしづらくなります。また、カミールのほうが早く相手のミニオン経験値を得られるため、レベル先行する機会を得られます。最序盤のレベル差は所持スキルの差と直結するため非常に強いです。

しかし、早くプッシュしすぎるとレーンをフリーズされる危険があるので、ゆっくりかつ確実にレベル先行を狙っていきます。動画ではウェーブをプッシュするために、カミールのLv1の強みであるPassiveのシールドを生かしたトレードをすることで、イレリアがウェーブクリアをしにくくしています。

 

ガンクで死なない。

次は「ガンクで死なない」です。今回のマッチアップでは、カミール側のJGはティーモ、イレリア側がシンジャオと、相手JGからすればカミールにガンクをさしやすい構成で、味方のJGにカウンターガンクは期待できない状況であるため、早めにワードを置きます。しかし今回は置いたタイミングでシンジャオが来てしまいますが、Lv2直前の状態だったため、レーン経験値を得てLv2になってEで逃げることができました。

プッシュするということは、プッシュしている間は常にガンクの危険にさらされます。万が一ガンクを食らってしまい、フラッシュをはいてしまったとしても生きていれば価値があります。相手JGの位置がわかることによって他のレーンが攻撃的にプレイできるようになるからです。絶対に死なないようにしましょう!

 

ミニオンの数の差やレベルで有利を取れた時などトレードする機会を探す。

レーンがプッシュできたらレベル差やミニオンダメージの差を活用したダメージトレードがしやすくなります。CSを集めつつ、勝てる状況でトレードしていきます。動画の3:20あたりからカミールがレベル先行してトレードをしかけます。

このレベル先行を活用したトレードで、イレリアのフラッシュを落とさせます。

その後、カミールはリコールしてテレポートを使いレーンに戻ってきています。

 

なぜカミールはテレポートをしたのか?

イレリアにフラッシュを吐かせた後、カミールはタワー下までプッシュしてイレリアにハラスを続けます。自分のミニオンウェーブがタワー下でクリアされたのを確認しリコールしました。もしここでリコールしなければ、相手のイレリアがテレポートで戻ってきたときに、大きなウェーブとなって自分のタワーにプッシュしてきます。そうなると、カミール側はミニオン数に差ができるためトレードしづらくなり、攻撃的なプレイができなくなります。また、イレリアはプッシュの際にスタックをためるため、トレードで勝てなくなります。それを予測してカミールはTPを使ったようです。

TPの後どうするの?

このウェーブ状況から考えると、イレリア側のミニオンのほうが早くレーンにつきますよね。しかし、カミール側はその状況になると仕掛けづらくなることが分かっていたため、ミニオンがレーンに着くよりも早くイレリアに仕掛けます。カミールは、イレリアがWを使うタイミングで、うまくカミールのQ(再発動の確定ダメージ)をあわせて最後はフラッシュ差を生かしてキルにつなげています。

とにかくいえることは、死んだあとにテレポートを使ってレーンに戻るのはいいけど、キルされてはいけないということです。テレポートを使ってない状態でキルされたらトップレーンはもうおしまいなので本当に気を付けましょう

 

終わりに

以上で動画の内容は終わりになります。記事を見ていて誤字脱字がありましたら、報告お願いします。他に要約してほしい動画やおすすめのチャンネル等ありましたら是非教えてください。

それでは次の記事でお会いしましょう。ばいなら~。

 

 

 

TOPカテゴリの最新記事